我が家の猫・ひたすら耐える毎日の歯磨き

毎晩、歯ブラシで歯磨きをします。もちろん、歯磨きは好きではありませんが、引っかいたり噛んだりせずに、ひらすら耐えています。

そして、歯磨きと同じように私に抱っこされることも好きではありません。抱っこしても数秒で逃げ出していきます。

しかし、歯磨きだけは別で絶対に逃がしません。歯周病予防という大義名分のもと、一日に一回だけしっかりと抱っこできる、私にとって癒しの時間です。

歯磨きの必要性

歯磨きの必要性や頻度、方法などの情報がたくさんあって、歯周病や歯石を予防するために毎日歯磨きをしたほうが良いといいます。しかし、猫は理解してくれません。

猫を迎えてすぐに、少しずつ慣らしていこうと歯磨きシートを使ってみましたが嫌がります。無理に歯磨きをして、ストレスになっては可哀そうと思い、その時は諦めました。

しかし、ある日、猫の口臭に気づきました。あくびをしたり毛づくろいをしている時に、ザリガニの臭いがします。

動物病院に行くと、歯茎が少し赤くなっているとのこと、猫カゼにかかったりすると、免疫力が未熟な子猫は歯肉炎を起こすことがあるそうです。犬猫用のサプリメントをもらい、今後の歯周病予防のためにも歯磨きをすることにしました。

我が家の猫のルーティーン

少しずつ慣らしてくなどと悠長なことは言っていられません。これからは毎日歯磨きです。

歯磨き粉をつけた歯ブラシを口元にもっていくと、ペロペロ舐めはじめます。
ほんのりチキンの匂いがしますが、味は甘味だけです。

ブラシを歯茎に近づけると、嫌がって噛もうと口を開けるので、その瞬間に歯ブラシを口の中に入れ、そのままブラシを前後させます。
猫は、歯ブラシを口から出そうと口をモゴモゴさせますが、なんだかそれなりに歯磨きができています。

本当は無理に口をこじ開けてでも、しっかりと磨きたいのですが、無理強いしたり、あまり時間をかけても可哀そうなので、ある程度で切り上げます。
これ以上、私が嫌われないためにも、猫が本格的に嫌がり始めたら終わりにしています。

歯磨きが終わったら、サプリメントを与えますが、我が家の猫はこれが大好きです。
歯磨き後、おやつは与えたくないので、ちょうど良いご褒美になっています。

今では、歯茎もきれいになり、口臭も気になりません。

歯磨き用品

歯ブラシ:いろいろな種類の犬猫用の歯ブラシがありますが、人間の子供用の歯ブラシを使用しています。
本当は、犬猫用の歯ブラシを使ったほうが良いのでしょうが、なかなかコレといったものが見つかりません。

ヘッドが小さくて、ブラシが柔らかくて、噛んでも歯を傷めない柔らかい素材で出来ている必要があります。
毎日ガシガシと噛むので、こまめに交換できるように、なるべく低価格のものが良いです。

歯磨き剤:ローストチキンフレーバーの犬猫用のデンタルジェルを使っています。
歯ブラシにつけて歯を磨きますが、直接、歯に塗るだけでも使用できます。
最初に使用したときから嫌がらず喜んで舐めてくれるので、ずっとこれを使っています。

サプリメント:犬猫用の健康補助食品です。口腔内の善玉菌を増やす効果があるようです。
今は、効果の有無よりも、歯磨き後のごほうびに欠かせません。

ハサミ:サプリメントを砕くために使っています。
サプリメントは錠剤のまま与えても良いようですが、少しでも口腔内に留まる時間を長くしたいので、砕いて舐めさせるようにして与えています。
手の平をペロペロと美味しそうに舐めてくれます。これは私へのごほうびです。

歯磨き用品はまとめて、キャットタワーの台座に収納しています。

我が家のお買い物

スポンサーリンク